読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第48話

アイロンってすごくいい匂いがするよな。さして大変でもないし、服はかっこよくなるし、すごく好きだ。

朝からリンゴを食べた。すごく美味しかった。紅茶も美味しかった。朝っていいな。大学4年目でようやく気付いた。ランニングする習慣でもつければよかった。

スタバの店員が可愛かった。ちょっとかっこつけて、お釣りが55円になるように払った。まあ何も起こらないんだけど。どうしてスタバに行ったかというと、卒論をやるためだ。なんかこれも終わりだと思うと寂しい。こうやって一つずつ「今日で最後か」と思うことが増えるんだろうか。かといって、記念に何かしようという気にもなれない。

やりたいことはたくさんあるけど、どうもアクションが起こせない。世界一周した奴らに言わせればこれは勿体ないらしいのだが、俺は世界一周の楽しみを知らないから、損をしている気はしない。毎年アメリカに行く楽しみだって俺しか知らない。大抵の幸せはそんなもんじゃないか。けどバンジージャンプだけは本当にやってみたいと思う。

俺はよく物をなくす。だってさ、例えばUSBをなくすじゃない。見つけるじゃない。「次からは決まった場所に置こう」と思っていい感じの置き場所を探すんだ。そのときUSBをどっかに置くよね?そこなんだよ、失踪事件が頻発するの。だからこれからは、逆に置こうと思ったところに置く。そうすれば「俺だったらここに置くだろうな」という場所を辿れば見つかるはず。きっと先週の俺も同じこと考えたんだろうなあ。