読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第16話

f:id:tackey0721:20160930003516j:plain

朝。アマゾンで買ったCDが届いた。端的に言うと最高だ。これで今日の授業も辛くない。5分で抜けて雀荘に行った。

帰り道、内定式に何を着ていくか考えていた。オシャレ番長でも目指していこうと思う。祖父からもらったタイピンがめちゃくちゃかっこいいから、ネクタイを中心に考えよう。

もうすぐ社会人になるから、色んな事に関心を持つように心がけたい。そう思って少しずつ小説を読むようにしたが、やはり続かない。なんというか、気持ちが冷めてしまう。自分の言葉を持っている小説家にはあまり出会ったことがない。自分の世界を他人の言葉で描き起こすのはいかがなものか。小説を読まない人の小説なら読んでみたい。

そういや「どうなんだろうね」が俺の口癖らしい。自分の意見を引っ張り出してくるための時間稼ぎで「これから言うのはあくまで一般論であって、俺の意見じゃないよ」というニュアンスを出そうとするとつい言ってしまう。直していこう。

梨の季節が終わってしまった。悲しい。

 

CD

Kadomatsu T's Songs from L.A. -The Pop Covers Collection-

Kadomatsu T's Songs from L.A. -The Ballad Covers Collection-

 

全曲聴き終わった。角松をカバーしたCDでは酒井法子以来の衝撃だ。