読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エピローグ

やっぱりちゃんと書こうか。日記だし。


大学では本当に沢山の人に良くしてもらったけど、一番長い時間を共に過ごした集団は二つ。一つは学部の腐れ縁。いわゆるGESSってやつ。もう一つはドイツ語で仲良くなった奴ら。まあ友達が少ないと言えばそこまでだけども。それぞれ物凄く居心地がよかったけど、よく分かんないうちにその二つがくっついて、最後はごちゃ混ぜになったという感じ。
俺は一応、合コンでいう幹事というか、それぞれを紹介した立場だったし(俺の手柄だとは思ってないし、周りもそんなこと憶えてないだろうけど)、おまけに他の友達も少ないから、どうも自分の居場所が掴めなかった。だから俺抜きでも集まれるようになった時は嬉しい反面、どこか寂しかったのを憶えている。「俺、そろそろ用無しだったりして(笑)」なんて。酒に酔った時ではあったけど「お前がいてくれてよかったよ」と言われたことは一生忘れない。

でもやっぱり、みんな優秀だし、面白いし、当然本音で語り合える仲間もたくさんいるわけで、こんな立場じゃなかったとしても友達でいてもらえた自信があるわけではない。同じゼミだったり、同じ会社だったり、俺の知らないところで今より仲良くなったところに、また混ぜてもらえるのかどうかも正直不安だったりする。だから結局、その辺は分からずじまいだったかな。もしかしたら友達なんてのはそのくらいが丁度良いのかもしれない。

でも一つだけ確実に言えるのは、俺がこれから会う人や、自分の家族、ともすると子供や孫に「大学の友達が一番面白かった」と胸を張って言えること。遊んでばっかりだったわけじゃないし、それぞれ勉強就活恋愛色々あったけど、これは間違いない。

情けないけど最後は涙が止まらなくて、タバコを吸ってても少しも気が紛れなくて、ろくにお礼も言えず帰ってきたんだけど、本当に感謝しています。ありがとう。

 

それから、家族にもしっかり感謝をしないといけない。4年間もあれば当然楽しいことだけではなかったんだけど、毎日温かい食卓で迎えてくれたのは母と弟と祖父母だったし、ここまで来られたのはあまりに大きい父の背中があったからだし。これからしっかりと恩返しをしなければいけないな、と感じた。

自分はこれまでがむしゃらに父を追いかけてきたけど、やっぱり一番凄いのは母なんだと思うことが最近多い。父が死んだとき、弟と俺を呼び出して「これから三人で頑張ろう」と言ってくれたことを忘れた日はない。母は忘れているかもしれないけど。(笑)

 

そろそろ自分でも何が言いたいのか分からなくなってきたから、寝よう。来週からは会社で働いてるんだ。切り替えていこうぜ。